フィッシングウェル

バス釣りをはじめ、ゲームフィッシングを愛する方へ送るブログ- FishingWell

カテゴリ: ワイヤーベイトルアー

スピナーベイト早見表
スピナーベイトの選び方がわからない!という方のために、簡単なスピナーベイトセレクターを用意いたしました。カラーやブレードサイズに悩んだ場合は、こちらを参考にしてみてください。また、スピナーベイトの種類(ブレード形状)や基礎的な知識はこちらにまとめてございます。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

レッジバスタースピナーベイト
こうして見ると大した大きさに見えませんが、レッジバスターはトローリング用スピナーベイトで、1.5ozもある超大型。ヘッドの重さだけでこれですから、全体の重さは60g程度。キャストするには相当のロッドが必要となります。私はワールドシャウラ1754R-2でキャスティングして使いますが、本来はボートトローリングでマスキーやパイク、ウォールアイを釣るためのルアーです。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

17

スピナーベイトはあらゆるルアーの中で一番釣れるルアーなのですが、その効果や
運用法はまるで理解されていないのが現状です。これはひとえに、弱いルアー信仰、
弱いタックル信仰が行き過ぎて、スピナーベイトの巻き抵抗に耐えられる道具での
釣りが減っているからでしょう。それでも私は時代に逆行して、このルアーの有効
性を説きたい。なぜって?そりゃあ「一番釣れるルアー」だからです。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

BRw3VyqCEAAp2YF

ナマズ釣りです。およそ60cmのボテボテポットベリー。写真奥のリリーパッドから
お越しいただきました。タックルはスコーピオンXT1500と同ロッドの15101F、25
ポンドラインに1ozのブーヤーブレードチャートリュース。つまりはスピナベです。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

03

トップウォーターの中でも一、二を争う使い勝手のよさと、
アピールしか考えていないと思われるルアーデザイン。
それが一般的なバズベイトですが、そのせいか世間ではあまり使われないようです。
使っていても、小さなバズベイトばかりで、デッカいヤツは敬遠され気味。
ルアーはエサではありませんから、エサに似ていないといけないという固定概念が
まだまだ日本には根強く残っているようです。ビッグベイト、スイムベイトでの釣りが
流行ってきたと聞いて、デカいルアー、アピールルアーの価値が認められるようになったか!
と喜んだものですが、よくよく聞いてみると、大きくても魚そっくりじゃないと売れないそうで。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr