フィッシングウェル

バス釣りをはじめ、ゲームフィッシングを愛する方へ送るブログ- FishingWell

カテゴリ: ソフトベイトルアー

YUMリボンテールワーム
私がはじめて60overの魚をとったのは、ギルレイカーというリボンテールワームでした。一般的にこのタイプはカーリーテールともいわれますが、よりテール部が薄く、ボリュームを抑えることでわずかなアクションや水流でも動くものをリボンテールといいます。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ゲーリーヤマモト4インチグラブ

ワームの釣り、スローな釣りの辛さに耐えられる人間が偉い。そんなことをいう人が
います。実に日本人らしい考え方です。スローな釣りというならば、エサ釣り、ウキ
釣りのが断然上。ルアーフィッシャーマンは根性なしということになるけど、その辺
はどう考えるのだろう。そもそも、スローな釣りは誰にだってできる。ワームの釣り
は誰にだってできる。釣果が伴うかは別として。そして、俺はワームの釣りができて
いる!と思っている人の大半ができてやしないんだ。ワームは限りなくエサに近いル
アーだからね。できてなくても釣れちゃう。これが厄介なんだな。ハードベイトのよ
うにずっと難しければ、できてるなんて勘違いをしなくて済むんだけれど。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ヘビキャロ
キャロライナリグ、ヘビーキャロライナリグはバス釣りワームの七不思議でもとりあ
げましたが、日本ではなぜか使われない(昔は少々使われていた)リグです。しかし、
ディープエリアを効率よく、手返しよくサーチできるうえに、リーダー部分を調整す
ることでナチュラルさも調整でき、遠投まで可能というかなり優秀なリグなのです。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

GLASS PIG

スイミングワームといえば、日本ではシャッドテールなどといって、3インチ、
4インチのワームを泳がせるのが常ですが、アメリカではこんなデーハーなカ
ラーの5インチ以上のワームを、1/4オンスのシンカー付きフックでもってブン
投げて、チンタラ引いてくるのが基本。もちろんノーシンカーでもOKですが、
日本のビッグベイト的な使い方をする場合が大変に多いのです。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr