フィッシングウェル

バス釣りをはじめ、ゲームフィッシングを愛する方へ送るブログ- FishingWell

カテゴリ: 釣果

ロングA15A(ボーマーlong A)
ボーマーといえば、キングオブクランクと呼ぶべきモデルAと双璧をなすルアーとして、ロングAがあります。ロングAはバス用としておもしろい、トリッキーなジャークベイトとしての14A、シーバス用でバス用としてはオーバーサイズの16A、アカメ狙いの最終兵器として知られるマグナム17Aがある。いずれもバスにも使うことができるが、バスに効くということは、あらゆるフィッシュイーターの食性を刺激するということだ。この15Aは14Aに比べればトリッキーな動きは出し辛い。しかし、水を押す力は圧倒的にこちらが上となる。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

70前後のライギョちゃん

オンシーズンですので、バスではなくライギョばかり狙っています。ライギョの常識
であるフロッグゲームではなく、スピナーベイトやクランク、ミノーといったバスル
アーでデカいライギョを釣るというライギョゲーム。しかも出てくるルアーはすべて
超巨大。ライギョは大きいルアーを食わないなどという通説と真っ向から対立して、
なにか新しい釣りの形が見出せないかな?と思っております。 
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

エクスプライド168MH-2とアンタレス

はい、おまっとさんでした。こちらは久々の大雨となっております。人工降雨装置が登場するくらいですから、ちょっとは降ってもらわなければならないのですが、降ったら降ったでフィールドの様相が激変しますので、釣り人にとってはツラいところでしょうね。こういうときこそ確固たる自分の釣り、方針があると釣果が変わってくる のです。説教がましいようですが、借り物の釣り、本の情報だけではどうにもならないことの方が多いのです。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

BRw3VyqCEAAp2YF

ナマズ釣りです。およそ60cmのボテボテポットベリー。写真奥のリリーパッドから
お越しいただきました。タックルはスコーピオンXT1500と同ロッドの15101F、25
ポンドラインに1ozのブーヤーブレードチャートリュース。つまりはスピナベです。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

14

みよーん。見事にやられました。ぬかったとしかいいようがありません。フロント
フックが見事に伸ーび伸び。いえ、バラしはしなかったんですが、普段あれほど偉
そうに、フックは太軸のものを使いましょう、買ったままのではバラすかもよ?と
いっている手前…。いくら練習とはいえお恥ずかしい。 もっとも、フックが伸びる
ほど引かれれば、一般的な方の場合ラインが切れるか、テンションが保てずにバレ
てしまうので、別にいいという意見もあるようですけど、掛けたら捕りましょうよ。
それがルアーマンの流儀ってモンですよ。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

雷魚ゲーム

タックルのテストフィッシングがてら、バスを狙いに雷魚スポットに行ってきました。
2日間、合計4時間の釣果を簡単にまとめますと、ライギョは82cm、60cm超、55cm前
後の3本。60cm超のナマズが1本。30cmくらいのカメが一匹。残念ながらバスは釣れ
ず。しかし、タックルテストには最適の釣果でした。シマノのスコーピオンXT15101F
というロッドに、シマノのスコーピオンXT1500(ベイトリール)を付けての釣行でし
たが、沈んだオダや写真のような捨て石、群生するホテイアオイに突撃されてもなんと
か引き出すことができ、シマノのワン&ハーフロッドのパワーのすさまじさを体感した
次第です。本当にいい道具です。安かろう悪かろうではない、 一線級の力を感じました。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

Booyah-blade!!

釣行記録メモです。気温31度、水温24度、天候は曇り時々雨。
平均サイズが20〜22センチという野池にて、ハードベイト、ビッグルアーでも
小さいサイズの魚が釣れるという証左となればと思います。もっとも、この池 
では、過去40センチ以上を釣ったという人はいないとのことで、プレッシャー
はそれなり。一番の流行はセンコー4インチウォーターメロンのネコリグだと
教えられましたが、「完全無視」でのスタートです。 
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr