フィッシングウェル

バス釣りをはじめ、ゲームフィッシングを愛する方へ送るブログ- FishingWell

カテゴリ: ロッド

エクスプライドオススメロッド
ミドルクラスロッドとして高いコストパフォーマンスで多くのアングラーの釣りを支えるエクスプライド。その強度はシマノロッドの系譜であり、強靭で粘りのある強さが魅力。バスに限らずライギョやソウギョなどの国内のフレッシュウォーターモンスターにも力負けしない、スタンダードロッドに仕上がっています。私個人の感想としましては、アメリカのバスプロが使っているロッドの品質はこのくらいのもので、20年以上バスをやっている身としましては、これで道具が悪いというのはバチが当たるといったところ。今回はこのミドルクラスでありながら私のタックルの中でワールドシャウラと共存することもあるエクスプライドのみでタックルを組むとしたらどうするか?というテーマでベイトタックルを3+1本紹介させていただきます。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

スコーピオンXT ジャーキングロッド
ジャークベイト(ミノーやジャークワーム)を扱うためのロッドは、日本ではかなり限られます。そもそもジャーキングを念頭に置いたロッドどころか、ジャーキングの釣りについて真剣に語れる人物がどれだけいるのか。シーバスや青物のように、投げて巻きっぱなしの中、アクションをつけるのであれば飛距離さえ出れば後は硬さがあればいいということになりますが、バスにあってはそんな竿では困るわけです。今回はジャーキングロッドのジレンマと題しまして、物理的に両立しえないジャークベイトの悲哀について語ってみたいと思います。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ワールドシャウラ2014
ワールドシャウラにニューモデルということで、ワールドシャウラー(?)の皆さんのために寸評などをまとめておきました。別サイトですが、Google+(コミュニティ:ワールドシャウラもってる会)ともどもワールドシャウラマニアの交流の場となれば幸いです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ワールドシャウラ1833RS-2
赤いワールドシャウラ1833RS-2ですが、思ったほどレビューがないようですので、取り上げておこうと思います。1833はRSというだけあって、レギュラーテーパーでありながらスロー気味になっております。この結果、キビキビとしたアクションをつけるのに最適な一般的ルアーロッドではなく、トラウト、特にネイティブの大型マス族を狙うのに適した竿に仕上がっています。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

38
ルアーフィッシングをする人間にとって、切っても切れないものがキャスティング。しかし、
この基本にして絶対のものをないがしろにしたまま、ルアーローテーションやポイント選び
に進む人は大変に多いのが現状です。人生で一度たりともキャスティングの練習をしたこと
がないという人が大半だと思います。釣り場に行き、キャストする中で覚えるといいますが、
通常それは不可能に近い。水のない公園や河川敷で空き缶や描いた円に向けて何度もキャス
トして、基本のフォームを固めてから投げないことには上手くはならないのです。考えてみ
ればわかることですが、プロ野球選手だからといって、素振りやキャッチボールをしない人
はいません。プロゴルファーもツアーの前にパターやティーアップの練習をしています。世
界有数の選手ですら行うことなのに、なぜあなたは練習しないのですか?と問いたいくらい
です。アメリカのバスプロもまた、プラクティスの中でポイントへのキャストやアプローチ
を練習する人がいると聞きますから、ルアーマンには不要なんてことはないわけです。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ワールドシャウラ1754R-2
クランクに使うロッドは何がいいですか?と聞かれることがあります。巻物が好きな初心者の方が、一念発起して本格的に釣りをはじめ、クランクやスピナーベイトをやるための専用のタックルを用意しようとした際、あまりにも情報が少な過ぎるんですね。結果、私などに聞くハメになる。お店の人に聞いても、今売れている竿や、雑誌などでよく見る竿を何となくオススメされるばかりで、どうしてその竿なのか説明できる人はごくごく稀です。今回は、初心者からのステップアップ、中級者の追加の一本、更には上級者のタックルの統廃合のためにも役立つ、クランキングロッドのお話をさせていただきます。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

エクスプライド168MH-2とアンタレス

はい、おまっとさんでした。こちらは久々の大雨となっております。人工降雨装置が登場するくらいですから、ちょっとは降ってもらわなければならないのですが、降ったら降ったでフィールドの様相が激変しますので、釣り人にとってはツラいところでしょうね。こういうときこそ確固たる自分の釣り、方針があると釣果が変わってくる のです。説教がましいようですが、借り物の釣り、本の情報だけではどうにもならないことの方が多いのです。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

タックル講座


ロングロッドとショートロッド、どちらがいいのか迷われる方が多いようですね。
6フィート5インチからはロングロッドだよーなんて記事もありますが、そりゃ誰に
とっての「ロング」なんだと。おかしいと思いませんか。みんなそれぞれに体格が
異なるのに、一律でここからロング、ここからショートだなんて。今回は、そんな
話をさせていただきます。 
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr