フィッシングウェル

バス釣りをはじめ、ゲームフィッシングを愛する方へ送るブログ- FishingWell

カテゴリ:コラム > バス釣り初心者講座

ルアーの付け方、結び方を知りたい。固結びで釣ってたけど、魚が掛かったらすっぽ
抜けちゃった!という方に送る、基礎講座。簡単でありながらトップクラスの結束強
度を誇る、「ダブルクリンチノット」を伝授いたします。
ルアーの付け方結び方
直接結んでいいルアーといけないルアーについては続きを読むからどうぞ。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

39

皆さんはルアーを買う際、何を基準にしていますか?基準なんてない?新作だから、
○○プロが使っているから?それではダメなんですね。誰が使っているとか、どこで
釣れたかというのは二の次。今回はルアーを選ぶ上で持っておきたい基準について
のお話です。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ボーマーシャローA

バスが釣れない理由は2種類しかない。いなくて釣れないのか、いても釣れないのかだ。
多くの場合、「いなくて釣れない」のである。このいなくて釣れないという状況を、釣
り人は「いても釣れない」と勘違いして帰っていくから上手くならない。自分の釣りの
テクニックが悪くて釣れないと考えるなら見込みがあるが、ルアーが悪い、竿が悪いと
いった道具のせいにしだすとドツボである。「いないんだから仕方ないよ」などという
のもトンでもない話。運が悪かったで片付けていては、いつまで経っても上手くならな
いぞ!

今回はそんな釣れない君、釣れない病患者に送るコラムです。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

フッキングができない釣り人が増えている。どういうことかといえば、魚が食って、
そこからアワセるわけですが、せいぜいラインスラックをとる程度。ガツンとアワセ
て魚の口に針を通すという感覚がそもそもないわけです。かつてはフッキングはパワ
フルに行うものだとデモンストレーターやプロが熱く語っていたのですが、今はまる
で聞きませんよね。んなこたねェよ!! という声も聞こえますが、昔に比べれば聞か
ないんです。ここ10〜15年で釣りをはじめた方は、それ以前のフッキングの重要性を
語る本やビデオ、セミナーをご存知ではありませんのでね。

そんなこんなで、フッキングができない症候群が蔓延するのはなぜか、そしてその弊
害と対処法を考えていきたいと思います。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ザラスプーク

ザラです。もはや言葉はいらない。究極、傑作のルアー。これを使ったことがないのに、
ルアーフィッシングをウンヌンしてはいけません。100年以上愛されているのには理由
があるんです。というよりもですね、運悪く究極のルアーが黎明期に登場してしまった
というべきでしょうか。あらゆるルアーが目指し、届かず、諦めてきた。それがザラな
のです。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

サーチルアー、私はパイロットルアーというようにと習いましたが、これとワーク
ルアー。20年以上の釣り歴があるルアーマンはきっと知っているこの理論。ルアー
フィッシングが未だアメリカからの輸入物でしかなかった1980年代、このルアー理
論もまた、輸入されてきたのですが、驚くべきことに今の日本のバス釣りの世界で
は絶滅してしまっているようですね。

理由は様々でしょうが、釣具屋(メーカー)や日本のバスプロという人種が、手前
味噌でルアーを売らんがために、朝から晩まで、どんな状況でも釣れるかのような
演出をぶちかまし、ルアーローテーションや使い分けという理論や文化を破壊して
きたからなんじゃないかな、と思うわけです。「おりゃあ!コイツ釣れるぜ!!」
みたいなビデオが氾濫し、ここが釣れるぜ!みたいな動画が出るでしょう?あれ、
メーカーやそのルアーを扱っている釣具屋がグルになってやってることですからね。

まあ、恨み節はこの辺にいたしまして、サーチルアーとワークルアーってどういう
考え方なのかということを見ていきましょうか。

 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

さて、細い糸の方が感度がいいだの、よく釣れるだのといいますが、あれはまあ、オ
カルトだと思っておいてください。海釣りは別ですよ。あれはエサを潮に乗せたり、
留まらせたりしなければなりません。まわりの撒き餌が右に流れているのに、 針につ
いているエサは左に流れているなんてことになったら、魚は気味悪がって食いません。
だからこそ、潮の影響を受けにくい細い糸が好まれるのです。では、バス釣りではど
うでしょう。潮、ありませんねぇ。ノーシンカーリグを自然に落とす?そもそもワー
ム自体が不自然極まりない存在なのにですか? 


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ナイロンラインは初心者臭いという人がいますが、価値観の問題でもなんでもなく、
「糸フケがある状態だと圧倒的にナイロンの方が感度がよい」のです。初心者は適当
なラインテンションを保つことができませんので、PEを使っても仕方がないんです。
更に、風が出てきたですとか、軽いシンカーでゆっくり落とすといったフォーリング
中の糸フケ、魚が下から食い上げた場合や、自分の方に泳ぎながら食ってきた場合の
糸フケに対して、適切な対応ができなければPEのメリットなんて消し飛びますし、そ
れどころか初心者と笑ったナイロンラインのガキンチョにボロ負けするわけです。

 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

スプールへの糸の結び方

スプールにラインを結びたいけれど、サッパリわかんないという方のために、
簡単な結び方をお教えいたします。ご参考までに。ベイト、スピニングいず
れでもOKですよ。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

33


食わせの釣りというものがあります。味やニオイのついたソフトルアーを、エサに
見せて釣るというものです。これほどつまらないものはありませんし、食わせの釣
りをするのであれば、エサ釣りをすればいいだけの話なのです。そもそも、ゲーム
フィッシュを選んだルアーマンにとって食わせの釣りは最終手段ではなく、禁じ手
であって、そもそも選択肢に入れてはいけないものなのです。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

「リールはハイギアがいいよ」という世間の流れの中、次に出てくる言葉は、
「なぜならルアーを素早く回収できるからね」です。これを聞いて「なるほど」
と思う人が相当数いるとか。「あんたらは一日中パンチングしてんの?」と私
なぞは思うわけですが、どうしてこんなバカな話を聞いてしまうのでしょうか。
自分で釣りを組み立てたことのない、主体性のない釣り人だからではないです
か?岸釣りがメインならまったくといっていいほどハイギアリールは不要です。
ルアーを回収するときこそ、魚が釣れる瞬間だからです。岸釣りマンは、沖に
投げますが、ボート釣りマンは岸に向かって投げます。ボートであれば、手元
にルアーがくればくるほど水深が深くなり、回収に時間がかかること、岸釣り
よりもカバー打ちをする確率が増えることがハイギアリールを採用するメリッ
トとなりうるのです。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ベイトリールはなぜ利き手側のハンドルなのか。
利き手でリールを巻きなさいというと、ダサい、釣りが下手なヤツなどといわれ、
なぜ利き手でなければならないのかを理論立てて説明すると、
「俺の釣りを否定するなんて許せん!死ね!!」などと吐き捨てるようにいわれてしまう。
実に残念に思います。自分の釣りといっていますが、どこぞのプロや釣具屋の宣伝、
洗脳の結果としてその釣りをしているだけで、まったく自分の釣りではないのではないか。
ここまで言い切った以上、結論から書いておきましょう。
ベイトを左で巻くことは、ハンデ以外に何も得るものがないのです。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr