フィッシングウェル

バス釣りをはじめ、ゲームフィッシングを愛する方へ送るブログ- FishingWell

カテゴリ: ライン・小物

70ナナマルスッポリネット
ウォーターランドのナナマルスッポリネットです。大型トラウトを掛けた際、これがないと話になりません。非常に軽量で強度的にも安心感があり、竿の部分も伸縮(長さ調整無し)可能で、大変重宝します。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ピストルフィッシュグリップ
バスプロショップス(Bass Pro Shops)ピストルフィッシュグリップです。フィッシュグリップは様々ありますが、大物ソルト用は汎用性はあるものの取り回しの邪魔になり、陸っぱりには不向きだと感じられる方も多いものと思います。このピストルフィッシュグリップは、バスやマス、ナマズ、雷魚などのフレッシュウォーターの魚にベストサイズです。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

EX-Tx3
最も優れたフックと最も信頼できるフックは違うというジレンマを抱えたまま釣りをはじめて数年。こんなフックが出てこなければそんな心労もなかったろうに。願わくば、こんなフックは日本が開発して欲しかった。日本には、その技術と発想の片鱗がすでにあったのだから…。というわけで、今回は魚をバラさないためのフックについてのおはなしです。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

バス釣りスナップ
ラインを結ぶ際、私は原則としてスナップを使います。スナップは各社から出ておりますが、なるべく太めのワイヤーを採用したものがいいでしょう。ではなぜ、スナップを使うのかですが、単にルアーの交換が容易というものぐさな理由からではないのです。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ナイロンライン・フロロラインの号数、ポンド(強度)、太さ換算表


号数
(号)
1号1.5号
2号
2.5号
3号
4号
5号
6号
8号
ポンド
(lb)
4lb6lb8lb
10lb
12lb
16lb
20lb
24lb
32lb
キロ換算
(kg)
1.8kg2.7kg
3.6kg
4.5kg
5.4kg7.2kg
9.0kg
10.8kg
14.2kg
太さ
(mm)
0.165
0.205
0.2350.2600.2850.3300.3700.4050.470
※すべての数字はおよそとなります。また、ナイロンラインは吸湿、給水によって膨張します


(参考)アメリカンライン・号数、ポンド(強度)、太さ換算表


表記ポンド
(lb)
4lb6lb8lb
10lb
12lb
15lb
20lb
25lb
30lb
日本での
ポンド数
6lb8lb
12lb
16lb
18lb24lb
30lb
36lb
45lb
太さ
(mm)
0.205
0.235
0.2850.3000.3500.4000.4500.5000.550
※日本のラインはその負荷がかかるまでに切れるように設計され、アメリカのラインはその負荷に耐えるように設計されているため、若干太く(強く)なります【詳しくはこちら】※※すべての数字はおおよそのものです。日本同様の基準でつくられた糸もあるため、製品ごとに大きく異なります


PEラインの号数、ポンド(強度)の換算について


PEラインは会社ごとに太さがまるで違います。1号10ポンドの強さと決まっていますが、製法によって太さが異なるため、換算表は使えません。ライン径を確認の上、上記のナイロン・フロロのライン径と比較した後、リールにどの程度巻けるかを考える必要があります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ボーマーシャローA
小さい魚や食べない魚を釣り上げてしまった際に問題になるリリース。魚へのダメージ
を最小限にするにはどうすべきか。今回はここに焦点を当てたいと思います。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

FishingWell オリジナルパーカー

FishingWellのオリジナルウェアが登場です!12月下旬到着予定。今回はこの限定ウェアを!

なんと! 皆さんに!


販売しませんし、プレゼントもいたしません。完全に私のためだけのフィッシングウェアで
す。スイマセン。一着8000円もしますので、いちフィッシャーマンの私にはおいそれとそう
いうわけにもいかぬのです。

デザインですが、胸には私の釣り上げた60overの数だけ星が並びます。今後更新されれば、
その都度最新ウェアをデザインしていく予定です。中学生にも笑われるような英作文能力し
かないため、胸にも背中にも自信のない英文が入っております。間違ってたらバッカでー!
といわれること請け合いですね。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

IMG_0284

私は太いライン教の教徒です。この道20年。司祭とお呼びいただいてもかまいません。
スピニングには12ポンド、ベイトには22ポンド以上が巻かれます。ベイトは通常、25
ポンドで、状況に応じて22や30ポンドを使い分けるようにしております。ノーシンカー
のセンコー(ゲーリー)やシャッドアサシン(バスアサシン)、フーディニシャッド
(YUM)といったワームまで20ポンド超えのラインで投げています。当然ミノーも25
ポンドなのですが、そんなに太いと飛ばないのではないかとおっしゃられる方が多数
おられます。ミノーを25ポンド、30ポンドのラインで投げられるわけがない、チャー
トリュースの太いラインなんて魚に気付かれて釣れるわけがないというのが彼らの考
えのようです。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

26
さて、フィッシングプライヤー、ペンチというものがどれもこれも貧弱で不満を感じたことはございませんか。私は20年近く前から通称「エイリアンペンチ」を愛用しているのですが、エイリアンペンチは口の奥に刺さった針やライギョ、ナマズを筆頭に、マスキー、パイク系の長い魚には欠かせないアイテムですが、ならば通常のペンチ(ラインカッター)は要らないかといえばそんなこともないわけで。堅牢で、口の堅い魚から針を外す際、力がかかっても安心、安全なペンチを探し求めてきたところ、ついに出会ったのがこちらの「パーフェクトラジオペンチ」です。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

日本の釣りはアメリカの釣りと異なり、なんでもできることを執拗に見下し、忌避し
ます。職人気質というか、専門の道具がもて囃され、なんでも屋は三流扱いを受ける。
高い専門の道具がよく、安い汎用の道具を使う人間は馬鹿にされるんですね。強めの
シーバスロッドでイカやバス、コイにネイティブトラウトもできるんですが、そんな
ことをしていたら、ジロジロ、ニヤニヤされるわけでしょう。本当に面倒な釣り文化
です。 

そんな文化が現れているものはリールにロッドと多種多様な分野に及ぶのですが、 今
回はナイロンを見下すよくわからない文化の話をしたいと思います。

 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

さて、細い糸の方が感度がいいだの、よく釣れるだのといいますが、あれはまあ、オ
カルトだと思っておいてください。海釣りは別ですよ。あれはエサを潮に乗せたり、
留まらせたりしなければなりません。まわりの撒き餌が右に流れているのに、 針につ
いているエサは左に流れているなんてことになったら、魚は気味悪がって食いません。
だからこそ、潮の影響を受けにくい細い糸が好まれるのです。では、バス釣りではど
うでしょう。潮、ありませんねぇ。ノーシンカーリグを自然に落とす?そもそもワー
ム自体が不自然極まりない存在なのにですか? 


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

スプールへの糸の結び方

スプールにラインを結びたいけれど、サッパリわかんないという方のために、
簡単な結び方をお教えいたします。ご参考までに。ベイト、スピニングいず
れでもOKですよ。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr