アボガストバズプラグ
バズプラグというルアーをご存知でしょうか。ジッターバグで有名なアーボガストのトップウォーターなのですが、このルアーの何がすばらしいかといえば、その理論と設計。しかし、釣具屋さんで棚に並んでいても不細工なイロモノルアーとしか認識されず、その性能を把握できる人は極々稀な存在です。ですが、その真価に気づけば「これぞアーボガスト!」と唸るような傑作ルアーですので、ぜひ一度手にとっていただきたいものです。

バズプラグ
(中国工場のせいなのか、スポット打つ位置がズレてるぞ…)

バズプラグ最大の特徴は、この奇妙な形状と巨大なプロップでしょう。お尻が異常に大きく、前には「バズ」プラグというだけあって、バズベイトのような巨大なプロップがついている。これを見て、多くの方は即購入を見送るわけですが、どうしてもこの形状にしておかなければならない理由があるのです。以下をご覧ください。


バズプラグ水中姿勢
こちらは姉妹品のバズプラグJr.の水中姿勢を撮影したものですが、基本的に同じなのでこちらで説明いたします。水中(水面)での姿勢は極めて直角に近い立ち浮きタイプ。この立って浮いている状態を保持することこそが、バズプラグが妙な形をしている理由なのです。

つまり、立って浮いている間、プロップが水中にない状態になる。これの何がいいのかというと、重心がお尻の方にあるために、お尻を支点とした首振りができるという点がひとつ。もうひとつは、スイッシャーの弱点であるアクション時に惰性やラインの重みで意図せず動いてしまい、小さなポイントをネチネチ攻められないという問題が解消されたという点。

首を振るといってもザラのようにスイスイと左右にスライドするわけではないので、リリーパッドが群生するポイントや、ヘビーカバーの中を「直線的」なリトリーブラインを維持して攻めることができ、トップにありがちな動かしすぎてカバーに絡んでしまった…ということが減るわけです。テールについているのがダブルフックなのも、そういったヘビーカバーを狙うことを想定しているためだと推測できます。

このポイントはバズベイトがよさそうだなと思っても、バズベイトはカバーまわりでピタッと止めたいような場合、当然沈んでいってしまい、使いづらい状況がよくあります。「じゃあ、スイッシャーを使おうか」となるのですが、デビルズホースなどのダブルスイッシャーですと、沖にあるグラスアイランドやウィードドームの間をガンガン引っ張るならいいのですが、オーバーハングやリリーパッドの切れ目などの小さいポイントだと、すぐに抜けてきてしまったり、一点だけ延々と攻めるという釣りは展開しづらくなります。そこでベビートーピードのようなシングルスイッシャーを持ち出すことになるのですが、こうなると魚を集める力が格段に落ちます。

どうにかして巨大なペラによるアピールと、小さなポイント、ヘビーカバーを丹念に攻められるルアーを両立させられないものか…この贅沢な悩みを解消するべく生まれたのがバズプラグなのです。かつて「スパターバズ」というバズベイト+プラグというルアーを生み出したアーボガストらしい、柔軟な発想と職人魂による入念な改良、努力の跡が見られます。

さて、ここまで読んでみて、バスにおけるバズプラグの有効性はなんとなくおわかりいただけたと思います。が、このルアーが一番効くのはナマズなのです。次いでライギョも大好き。まあ、使うポイントがライギョやナマズが付きやすいポイントなのでどうしてもそちらが先に食ってくるというのもあるでしょうが、とにかくナマズがよく釣れる。バスマンからすればどうしようもない外道でしょうが、ナマジーマニアには垂涎のルアーといえます。同社のジッターバグに引けをとらない存在で、何より1oz以上ありますので(カタログ1ozですが、これはペラやフックを含まない重さのようです)、ヘビーカバー用のナマズタックルや、ライギョロッドでもしっかり投げられます。1ozクラスのジッターバグといえば、マスキージッターバグがありますが、こうなるとシルエットが大きすぎてナマズが食わないわけでして、バズプラグがナマズを呼ぶのは立ち浮きのため水中に落とすシルエットが小さく見えるためではないかと推察しております。

ここでワンポイントアドバイス。超大物のナマズ、ライギョを狙う場合は、フックの交換をオススメします。伸ばされる心配はまずありませんが、ヘビーカバーに突進され、綱引き状態になると厳しいので、ダブルフックのバーブレス、それもかなり太軸のものをご利用ください。ソルト用などで探すとよろしいかと思われます。

魚種問わず、フィッシュイーターに効くバズプラグですが、釣果やルアービルダーの発想以外にも私が気に入っているポイントがひとつあります。それは、プロップのデザインです。よーく見ていただくとわかるのですが、羽の部分に穴が開いていますよね?これ、何となくデザインとして開けているようにも見えますが、実は「Arbogast」と社名のロゴを入れてあるんです。遊び心といいますか、不細工な体に似合わぬオシャレといいますか。細かいところまで妥協しない、アメリカンルアービルダーの心意気を見た!といった感じですね。