ビッグバド(くまモン)
ビッグバドは一体なぜ釣れるのだろう。こんなエサは水中にはいやしない。しかしそれでも、魚は釣れてくる。元々は企業のノベルティだった。遊び心でつくりだされたルアーだが、そこにルアーと疑似餌の違い、ルアーのルアーたるゆえんがあるように思う。

ビッグバドはテールのブレードが生み出す、音、光、ブレーキが魚を引きつけるのだと思う。極めて浮力が高いため、リップはあれども潜航はしない。いわゆるウェイクベイトにあたる。この水面を騒がせるドッグウォークアクション、テーブルターンアクションに、ブレードのアピールが重なって、短気な魚が飛び出すのではないか。サイトフィッシングでワームやスモールラバージグにまるで反応しなかったのに、ビッグバドやジッターバグのような騒がしいルアーを何度も通すと、いら立って口を使ってくることがある。

こういった釣りを嫌う向きもあるが、そもそもルアーは食べても栄養になりはしない。いかにルアーが魚に似ていても、バスたちは確実に見切っていると思っていい。それに口を使わせるのは、条件反射的な要素や、食性以外の要素によらなければならない。エサに近いルアーほどすばらしく、食性で食わせる人間ほど偉いのであれば、私はエサ釣り(ライブベイト)をやる。釣果や効率だけを追求するなら、バスなんて魚にルアーを投げるなんてことはしないのだ。

ルアーという摩訶不思議な存在が、どういうわけか魚を呼んでくる。そこに遊びとしてのおもしろさと、スポーツとしてのおもしろさが同居しているのではないか。

私はビッグバドを見ていると、ルアーで魚を釣るということの本質を考えるようになる。ルアーゲームのおもしろさと存在意義を教えてくれる最良の先生、それがビッグバドだ。