リトルミッキー(コットンコーデル)
コットンコーデルのリトルミッキーは、本当に食いの渋い晩秋〜厳冬期を中心に使いたくなるメタルジグ(ジギングスプーン)です。7gという軽さから、強めのスピニングのほか、弱めのベイトでシャクってやるという釣りが中心となります。

スピニングならPEを巻いて、ベイトであれば20ポンド程度のナイロンで攻めるといいでしょう。ナイロンは太くすればするほど伸びに強くなりますので、結果としてアタリをとりやすくなりますし、厳冬期、ガイドも凍るような時期ですと、PEやフロロはガイドの氷との摩擦で枝毛のように裂ける、真っ白になる等釣りに支障が出ますので、そこは状況に合わせてということになります。

ジギングスプーンは様々あり、一番有名なところですとホプキンス社のものですが、なぜコーデルのスプーンを使うのかといえば、単純に安い。2個入りで他社の1個入りスプーンと値段が同じ。メタルジグはどうしても引っ掛ける釣りになりますから、これはありがたい。

あとは、あまり上等なものではありませんが、リトルミッキーにはご覧の通り「毛」が巻いてある。タイイングされているフックを買ってきて付けるなりすればいいんですが、面倒だし高いですしね。やはり毛は魚が好むらしく、食いが渋いときにも効果を発揮する場合があります。

リトルミッキーでなくとも、お手持ちのメタルジグにラビットファーやクジャクの羽を巻いてみる価値はあります。気休め程度にスピナーベイトのスカートでもいいかもしれません。魚はひらひらしたものが大好きなんです。マグロもシイラもイカさえも、ひらひらしたルアーで釣りますからね。絶対の真理なのかもしれません。

リトルミッキー、オススメなんですが、とにかく売ってない。店頭在庫を確認したのは一度きり。静岡県のアメリカルアー専門店のみ。国内に何店店頭に在庫しているかわかんないくらい売ってないわけです。コットンコーデル社は超有名企業でも、日本では知名度はゼロに等しいので仕方がないんですけどね。