カーディフエクストリーム
トラウトマン待望のカーディフにエクストリームシリーズが登場した。言葉で紹介するよりも、とにかく一度見ていただきたい。

カーディフエクストリームシガーグリップ

懐かしさ漂うグリップのヘッド部分。リールシートにまで貼られたコルクの余分感。グリップのヘッドを葉巻のようにしてあるこのシガータイプは、バスブーム時に人気があり、スプリットショットなどの軽いリグをチョンチョンと動かす際、人差し指を立ててヘッド部に添えて扱うのにちょうどよかった。確かに小型ミノーやスプーンのトゥイッチには理にかなった設計と思いますが、今の時代がこれを許すかは疑問です。独自リールシートで軽量化をはかったとはいえ、リールシートにコルクを巻いてしまったのでは感度も下がりますし、妙なことをするならそこは無塗装のリールシートむき出しでもよかったのではないかと思ってしまいます。

ワールドシャウラにトラウトロッドらしきものが出たことから察するに、このジャンルへの注力は諦めたか、アドバイザーである村田基氏の色を廃したくなったかのどちらかではないでしょうか。かつてのバスブーム末期も同様のことをして多くのファンをダイワやアブに持って行かれたのに、何も学習しないのか!と往年の釣り人は感じているのではないかと。

これが市価1万円程度の竿なら問題ないのですが、トルザイトリングを採用した4万から5万円のフラグシップモデルなわけでして、厳しい言い方ですが、シマノの感性を疑わざるをえません。デザインなどは個々人の好みですから異論もございますでしょうが、私個人の意見としましては、ちょっと「ナシ」な竿のように思います。