バス釣りスナップ
ラインを結ぶ際、私は原則としてスナップを使います。スナップは各社から出ておりますが、なるべく太めのワイヤーを採用したものがいいでしょう。ではなぜ、スナップを使うのかですが、単にルアーの交換が容易というものぐさな理由からではないのです。

ラバージグのフックが!!
画像は国産ラバージグのフックが細すぎて大物を掛けたらフックが折れてしまうという話をしたときに使ったものですが、ご覧の通り、ラバージグやスピナーベイト、ワームフックは原則ラインを直結。例外としてスイマーヘッド、スイミングジグ、ジャークワームにはスナップを使っています。

それ以外のプラグ類はスナップをつけて投げるのですが、これはひとつは直結の場合ルアーの動きを制限する場合があるため。クランクベイトがよくわかるのですが、明らかに直結にすると動きが悪くなります。ルアーが振動する「遊び」がなくなってしまうためです。これを嫌って、スプリットリングをラインアイにつけているメーカーもありますが、残念ながらスプリットリングはラインを結ぶのには向きません。

皆さんもお手持ちのルアーのスプリットリングをご覧ください。1本のワイヤーが二重になっているように見えますが、一ヶ所一重の部分があるはずです。構造上こうしなければアイに通せませんからね。仕方ないのですが、これがいけない。スプリットリングにラインを結んで釣りをしていると、少しずつスプリットリング上をラインが滑り、この一重になっている部分に移動してくることがあるわけです。結果として結び目が緩む上に、スプリットリングの端のワイヤーが結び目を傷つけ、ラインブレイクの原因をつくり出すことがある。些細なことですが、以外に見過ごせない問題です。抜け切れが多発する方は、ノットに大きな問題を抱えているか、ラインが細すぎて結束強度が保てないか、結び目を傷つけている場合がほとんど。

以外と語られませんが、スプリットリングがラインアイについていることは「親切」なのではなく、仕事が適当な証拠ですので、取り払うか、そのままスナップで繋いで泳ぎを制限しないならスナップ+スプリットリングで使用されることをオススメします。