NEWカルカッタ400
戦うフィッシャーマンのための13NEWカルカッタ400。質実剛健を地で行くこのリールは、国内のフレッシュウォーターならライギョ、ソウギョなどの大型種、ソルトウォーターであればヒラスズキ、アカメ、オオニベ、ショアブリ等と渡り合う、怪物基準のベイトリールに仕上がっております。ヤワな相手に主導権を握らせない、圧倒的ウインチ力とドラグ性能がパワーゲーマーの必需品といえるでしょう。
13カルカッタ400/401
見よ!この精悍な顔つき!!無骨無頼なリールです

カルカッタ400のオススメポイント

・手に取った瞬間、10年戦えると思える堅牢さ
・圧倒的パワー、最大7kg(実用4kg程度か)のドラグ力で近海の青物にも負けない
・安心感のあるラインキャパシティ。ナイロン25ポンド(6号強)が150m巻けます

カルカッタ400のここがダメ!

・カルカッタコンクエスト等と比べると小さくなったが、バス専用には向かないサイズ
・ギア比が低く、アタリをとる必要のあるクランク、リップレスクランク等は苦手
・ブレーキシステムはドライバーがないと変更不可バーサタイルな釣りは不可能
・冷たい。アンタレス同様金属ボディの悲しい性
・セーフティレベルワインドは非搭載!フィッシングショー以降に仕様変更した?
カルカッタ400ドラグ13カルカッタ300/301
【所感】
近海青物どころか、小さめのGTやデカいブリ、海外ではバラマンディ、ピラルクも問題ないとは思うが、乗り合い船での釣りでは考えもの。取れないのではなく、他のお客さんに迷惑がかかってしまうわけです。走り倒されればオマツリ必至。マグロ相手のリールなどと張り合うことは難しいので、その際は素直にそちらをお選びください。ラインキャパの関係でそんな方はおられないとは思いますが。キャスティングベイトでパーミング可能な製品の中では圧倒的なパワーと堅牢性は特筆物。

ただ、フィッシングショーでシマノのアンバサダーが指詰め防止機能がついたと宣伝していたのに、発売になったらついていないというね。指挟まないんで結構ですが、仕様変更はもっと大きく通達して欲しいものです。
13カルカッタ400ライン
【実用】
大遠投は少々困難。投げ竿に投げリールのような遠投100mの釣りを想像して購入するとガッカリします。60mも投げますと、巻き取るだけでハンドル50回転ですから大変なことこの上なし。私は90年代からのビッグベイター(シイラやマグロ用のソルトウォーターミノーを投げてバスを狙う)ですので慣れっこで、そのためのリールとして購入したので不満はありませんが、とにかくバスのパワーゲームをしたいからと、強くてコストパフォーマンスに優れたリールを選ぶというのであれば、スコーピオンXT1500-7で十分です。このリールとワールドシャウラ1754R-2の組み合わせですと、1mクラスのライギョではパワーが余って仕方がありません。レジェンド級のソウギョが掛かっても、根に入られなければどうにかなります。200gのルアーを投げる釣りのために設計されたリールですから、1oz以下の釣りをされる方は避けた方がよいでしょう。私はジョインテッドロングA 17Aという20cmクラスの怪物ミノーで、50cmクラスでも後半のバスやメーターライギョを狙うという使い方専門で使用しております。2ozのスピナーベイトの釣り等も試しましたが、可能ではあるものの面白味に欠けます。このクラスになると、パワーがありすぎてバス程度のアタリでは違和感を感じられないのです。国内フレッシュウォーターのルアーゲームでは、水面直下をミノーで引く、ヘビーカバーのフロッグゲームやトップゲーム限定リールということになるでしょう。もちろん、シーバス、ショアブリなら主導権を与えない釣りが楽しめます。五目パワーゲーマーにはベストマッチではないでしょうか。


一年間の感謝を込めて、歳末ビッグセール開催中!ロッド・リール・ウェアがポイント10倍!その...

カルカッタ400(釣具のポイント楽天店)
価格:28,665円(税込、送料込)




ラインは少しずつ買わずに一気に買いましょう。私は数km単位で購入しておりますが、国内では600m巻きがMAXですよね。アメリカやメキシコはラインの品質管理等がテキトーなので、並行巻きの場合600mを超えると、ラインが潰れてしまうようです。アメリカンラインはそんなの無視の手巻きです。距離ではなく重さによる量り売りでして、1ポンド(約450g)分の6ポンドラインは何ヤード、20ポンドなら何ヤードなんて売り方です。結果、数キロメートル(数千ヤード)で安く買えるんです。