ラトルorノンラトル
ラトルの必要性についての問答後編です。前編はこちらからお読みいただけます。ラトル
があると釣れない?ラトルが信じられないという方にぜひお読みいただきたいエントリー
です。

止水を好む魚はこのエサを獲るという点において劣っており、バスは目でエサを見てから
獲る魚といわれている。しかし、常にエサが見える範囲にあるとは限らない。エサを獲る
のが苦手なうえにマグロやカツオのようにエサを追い回すタイプでもない彼らは、効率至
上主義で食事をする。待ち伏せ型のため、常に周囲の音に気を配り、近づいてくるエサを
感じているのだ。これは泳ぎっぱなしではできない芸当だ。そんな待ちの魚に対して、音
を立ててアピールするラトルは、食ってくださいといっているようなもの。結果、ラトル
があるルアーの方が釣れるということになる。


日本でノンラトルが好まれているのは、スレているからだという人がいる。確かにそうか
もしれない。しかし、ノンラトルばかり投げてる人間が多いのに、スレているというのは
どういうことなのか。結局のところ、彼らは科学に精通しているかのようにものを語るが、
オカルト信者なのだ。小魚のようなナチュラルなカラーとノンラトルを選ぶのは、ラトル
が怖いからだ。魚を逃がしてしまうのではないかという気持ちが、魚を逃がすに違いない
になってしまっているのだ。童話に出てくる「あのぶどうは酸っぱいに違いない」という
キツネに似ている。そうやって釣りの幅を狭めている(狭めていく)から釣れない。釣れ
ないのはスレているからだと考える。そしてますます疑念を深めていく。


ノンラトルでいいというものには泳ぎの邪魔というものの他にもある。動かさないからい
らないというものだ。投げて全然動かさない。沈んだら沈んだまんま。放っておくわけだ。
だからラトルは要らない。これは、超がつくクリアウォーターのリザーバーなどで見られ
る。水深6m以上まで見られるような状態で、十数メートル先のルアーにバスが気付いてい
るのが見ていてわかるような場合、ルアーを動かす必要がない。投げて沈むのを見ている
と、バスが何メートルも追いかけてルアーとの距離を保ちながら後をついてきたりする。
目で見てエサを獲る魚にすでに目で見てもらえているときには、ラトルを捨てて、泳ぎを
重視した方がいいということもある。勘違いして欲しくないのは、クリアウォーターだか
ら、フィネスに、ナチュラルに攻めるためにノンラトルということではないという点だ。
動きを重視した結果、ラトルを捨てているというだけなのだ。


すばらしい泳ぎを見せるルアーとして有名なのがラパラのウッド系ルアーだが、これらは
木製であるがゆえにラトルを入れることができない。しかし近年、泳ぎとラトルの両立が
可能だとして、プラスチックタイプのルアーもラパラ社は世に送り込みはじめた。ラパラ
信者の釣り人たちはこの光景を驚きをもって見ていたことはいうまでもない。「あのラパ
ラまでラトルを使うのか」「ラパラももう終わりだ」という者も少なくなかった。だが、
フタを開けてみれば泳ぎ重視ではなく、ナチュラルだからという理由でノンラトルのラパ
ラを使っていた人間たちの予想は見事に外れた。ノンラトルが当たり前だったシーバスに
おいて、ラトル入りバイブレーションプラグが爆発的に釣れだしたのだ。特に潮の流れの
少ない湾内にいる小型のシーバスや、潮が止まったときにぼんやりしているシーバスに効
果があったのだという。ラトルは海でも使えることが証明された瞬間だった。


ラトル恐怖症の方は、今日を境にラトル入りルアーを投げてみて欲しい。ラトリンジェッ
ターやTDバイブ、クランクではボーマーのファットAあたりがいいだろう。うるさすぎて
驚くかもしれないが、これが本当によく釣れるのだ。ラトルで釣れない日は、ノンラトル
でも釣れない場合が8割といっていい。踏み出す勇気の問題だ。ラトルは友達。怖くない。