38
ルアーフィッシングをする人間にとって、切っても切れないものがキャスティング。しかし、
この基本にして絶対のものをないがしろにしたまま、ルアーローテーションやポイント選び
に進む人は大変に多いのが現状です。人生で一度たりともキャスティングの練習をしたこと
がないという人が大半だと思います。釣り場に行き、キャストする中で覚えるといいますが、
通常それは不可能に近い。水のない公園や河川敷で空き缶や描いた円に向けて何度もキャス
トして、基本のフォームを固めてから投げないことには上手くはならないのです。考えてみ
ればわかることですが、プロ野球選手だからといって、素振りやキャッチボールをしない人
はいません。プロゴルファーもツアーの前にパターやティーアップの練習をしています。世
界有数の選手ですら行うことなのに、なぜあなたは練習しないのですか?と問いたいくらい
です。アメリカのバスプロもまた、プラクティスの中でポイントへのキャストやアプローチ
を練習する人がいると聞きますから、ルアーマンには不要なんてことはないわけです。

【キャストの基本はベイトで学ぶ】
日本は餌釣りの国、小さいルアーや魚に似ているルアーが大好きな国。その影響なのか、ルアーゲームの入門用としてはじめにスピニングタックルを勧める人が非常に多い。私はこれが諸悪の根源だと考えております。スピニングタックルは言い方は悪いのですが、どんな人でもその日のうちに投げられるようになるため、多くの人がキャストの基本がわからないまま「俺は上手いんだ」と勘違いしてしまう原因を産み出しているのです。

スピニングリールは投げるという目的を果たすには簡単ですが、正確さに欠け、大きなルアーを投げることができないという弱点があります。基本ができていないまま、格好だけでベイトタックルに乗り換えると、上手く投げられないうえにバックラッシュの嵐となり、カッコが悪いからスピニングに戻るとか、細い糸を使う、柔らかい竿を使うなどといった行動をとって、ますますキャストの基本を覚えるということから離れていくわけです。

上手い人を見ていればわかることですが、硬めのショートロッドで軽いミノーをバンバンライナーで打ち込んだり、ロングロッドで巨大なスピナーベイトを遠投しつつポイントに確実に落としたりしています。彼らはキャストの基本ができているために難しい道具を扱うことができ、より繊細で細分化された釣りを楽しんでいるのです。しかし、様々な媒体を見るに、ヘッポコキャストやテンプラキャストをしている人間にこういった難しい道具を売る傾向が非常に強い。キャストの重要性を説く人間は道具を売りつける邪魔でしかありませんから、次第に駆逐されていったわけです。ルアーゲームはルアーマンも道具を売る会社も、安易な方向にばかり進むようになってしまっているのは、実に嘆かわしいことです。

もしあなたが継続的にルアーゲームを楽しみたい、主にバスを釣りたいとお考えならば、スピニングではなくベイトリールを選んでください。そして、太い糸を使いましょう。細い糸で遠くに投げるのは、太い糸で投げられる人にもできることですが、太い糸での遠投は、細い糸で自分を「甘やかしてきた」人にはできないことです。糸が太くなると、抵抗の関係で二次関数的にルアーが飛ばなくなります。上手く投げられたときと、投げられなかったときの差が明確に出るようになり、今のキャストがよかったか悪かったかがすぐに判断がつく。これがキャスト上達に一役買うわけです。また、バックラッシュの際もほどきやすくなりますし、根掛かりも細い糸より怖くなくなりますから、果敢にポイントを攻めることができます。糸が細いためにポイントを打てない釣り人は、いつまで経ってもキャストは上手くなりません。

更に、はじめてのベイトタックルは自分の身長より少し短いものがよいでしょう。キャストの正確性がずっと増し、ルアーのアクションもつけやすく、釣りをする上での負担が大きく減ります。疲労等で集中力が切れ、なんとなく投げていたのではキャストも上手くなりませんし、魚も釣れないというものです。

そんな私が使っていたタックルは、バンタムスコーピオンの1551Rでした。胴調子のためルアーの乗りがよく、軽いミノーもしっかり飛んでくれたように記憶しております。リールも同様のバンタムスコーピオン。赤メタと呼ばれた当時最新鋭のリールです。1990年ごろですから、もう20年以上前の話になります。なりますが、物理法則が変わらない以上、ショートロッドに太い糸を巻けるリールと太いラインでキャストを練習することが上達のための一番の近道であることは変わらないと思います。



【具体的な練習方法について】
河川敷や公園で練習するのでしたら、5m、7m、10m先に直径10cmの円を書き、それぞれの円の中に向かってルアーをキャストしていく方法がいいでしょう。10m先の円を狙う際は、5m、7mの円の上をルアーが飛んで行くようにしてキャストしてください。ということは、斜めや横からキャストするのではダメだということになりますね。手首と肘から先のみを使い、ルアーがロッドを曲げる反動を最大限活かして投げる。人間がすることといえば、ロッドを振り上げることと、フォロースルーと、サミングの3点のみということになります。これに慣れたら、20mまで伸ばし、円の大きさを直径20cmとしてみましょう。この練習を続けてほぼ間違いないといえるまで上達したら、今度は実戦でで使えるかどうかの勝負になります。たった5m?ですとか、20mなんて短すぎるよ!という方もおられますが、これがなかなかどうして難しい。一度やっていただければわかります。百発百中とはいかないはずです。



【最後に】
キャストはルアーゲームの基本にして最終関門。精進に終わりはありません。やる気のある魚は、鼻先に投げればジグヘッドだけでも食うわけでして、ルアーの種類やカラーなどより、遥かに重要なのがキャストなのです。世界一キャストの上手い某氏ですら、キャスティングショーの前は練習することがあると聞いたことがあります。日々精進あるのみです。



【キャスティング練習用のタックルについて】
昔ほどショートロッドがつくられなくなり、1551Rというラインナップはなくなってしまいましたので、シマノでいえば1581Fや15101F-2辺りのロッドがベストかと思います。また、ラインキャパシティの問題で、スコーピオンXTの1500-7(ハイギアモデル)でなければ、20ポンド以上のラインを遠投に耐えるだけ巻くのは難しくなります。25ポンドラインを70m巻きたい!という方は、ライギョ用のリールか1500くらいしか選択肢がありません。ラインはユニチカのシルバースレッドか、アプロードのGT-Rシリーズがオススメです。私はSufixというメーカーのラインを愛用しておりますが、国内の取扱いが乏しいため、国産ラインで品質、価格ともに最高水準のものをオススメさせていただきます。

一年間の感謝を込めて、歳末ビッグセール開催中!ロッド・リール・ウェアがポイント10倍!その...

スコーピオンXT15101F-2(釣具のポイント)
価格:20,580円(税込、送料込)

一年間の感謝を込めて、歳末ビッグセール開催中!ロッド・リール・ウェアがポイント10倍!その...

スコーピオンXT1500(釣具のポイント)
価格:18,375円(税込、送料込)




【あわせて読みたい】『キャスティングの基本を学ぶ
キャスティングの基本は一体何か?どうしてオーバーヘッドキャストが基本のキャストなのか。すぐに思いつかなかったアナタは、ぜひご一読を!