37
釣れるクランクベイト、オススメのクランクベイトを理論ではなく商品名で教えて!
というご質問をいただきましたので、私のオススメクランクのランキングを公開いた
します。参考にしていただければ幸いです。

クランクといっても、ウェイクベイト、シャローランナー、ミドルクランク、ディープ
クランク、ラトルのあり、なし、シャッド系は含めるのか…といったややこしい問題が
あります。ありますが、今回はそういう細々としたのは一切投げ捨てて、とにかくサー
チルアー、ワークルアーとして私が信頼している&釣果のあるクランク系ルアーをご紹
介いたします。


【第1位】 ファットA(ボーマー)
ボーマーファットA(FAT A)
私が一番愛用するクランク、ボーマーのファットA。(真ん中にあるのは比較用のモデ
ルAです)厚みのあるボディと大きなウォブリング。ハイピッチなラトルと堅実な動き
で、的確に底をとってくるアピール系クランクの傑作です。私のクランキングはこれな
しでははじまりません。大人気商品にも関わらず、プラドコ社の社内政治的な部分から
か現在廃盤。復活を強く望むルアーでもあります。はじめての方はB06Fという6番モデ
ルがオススメです。5/8ozとなかなかの重量ですので、しっかりしたロッドをお使いくだ
さい。ラインは必ず太めのものを。20ポンドのラインどころか、30ポンドでも動きが損
なわれることはありませんので、立ち木やリップラップをタイトに攻めるためにも太い
ラインがオススメです。


【第2位】 シャローA(ボーマー)
39
シャローAは、ウェイクベイトにも分類される水面直下を狙うルアー。水面近くまで
藻が生える時期や、ディープの絡んだストラクチャーのあるシャローにおいて、効率
よく魚を探すサーチルアーとして活用しています。ラトルが邪魔だ、アクションが派
手すぎるという場合は、シャローAではなくスクエアAを投げます。こちらはシャロー
Aより少し潜るのですが、いずれもタダ引きでアクションを付けずに使用します。魚の
居場所や活性を探るのが目的ですので、まずはタダ引き。反応があればそのまま釣り
を続けてもいいですし、キル(kill)を入れたり 、別のクランクでサイズアップを狙っ
たりします。


【第3位】 ファットフリーシャッド(ボーマー) 
おすすめクランクランキング
世界一釣れるディープクランク(一番手前)。皆さんが一般的に使われるクランク
2個分の大きさ(画像参照)で、ディープエリアで圧倒的な存在感を示します。他の
ディープクランクは水中での姿勢等の問題でランカーサイズに見切られやすいとい
われていて、ファットフリーシャッドは動きが極めて安定しているためにヒラを打
たないからダメだと日本では認識されているようですが、イレギュラーアクション
は自分で狙ったときに出せればいいのであって、着底するたびにヒラを打っている
とバスに見切られてしまうんです。特に大きいサイズのランカーになればなるほど
顕著で、「デカくなる=頭がいい=効率的にエサがとれる」 という方程式から、ヒ
ラを打つと獲物に気付かれたと思って追うのをやめてしまうのです。また、ヒラを
打つと、数十センチから1メートルほどルアーが浮き上がります。これは、その間
はボトムが叩けないということです。魚を食わせるアクションとされるヒラ打ちで
すが、魚探などで水中が完全に把握できていない場合は、ほとんど意味を成しませ
ん。水中のあの岩の角でヒラを打たせたい等、意図的にアクションをつけるのでな
ければ、実は役に立たないものなのです。


ファットフリーは多くのバスプロたちが共同開発し、本当に勝てるルアーとして世
に送り出した傑作ルアーです。エクスキャリバー社(現在はボーマー社が製造販売)
が本製品にかけた意気に見合うだけの完成度を持ち、それは日本のルアーメーカー
の追随を許しません。このルアーは3/4ozモデル、カラーはブルーバックチャートと
ダンスシトラスを持っていてばいいでしょう。ディープクランクタイプのファット
フリーが気に入ったら、6番(1/2oz)などの浅めのシリーズも買ってみてください。
3/4ozモデルのBD7Fは4〜5m、BD8Fは6m弱まで攻めることができます。ちなみに、
ファットフリーシャッドの由来は、ファット(脂肪)がフリー(になる)、つまり、
巻いているだけで痩せるルアーから。ディープクランクとしては抵抗を減らしては
いますが、それでもやはり超大型プラグですから巻き抵抗はかなりのもの。そして、
スーパーディープからランカーサイズを引っ張ってくるため更に痩せてしまうダイ
エットルアーなのです?!


【第4位】 コンバットクランク(エバーグリーン)
リアル系クランクでなければ耐えられないという方はこちらの製品ということにな
る。私もファットフリーシャッドを知るまでは本製品を使っていました。近年のカ
ラーラインナップをみるに、ファットフリーシャッドを意識している部分が感じら
れ、伝統的なビッグフィッシュ狙いのクランクとしてディープクランクタイプを使
われることをオススメします。重心移動システムは泳ぎの邪魔になるため私はあま
り好きではないのですが、飛距離がなければはじまらないオカッパリでは、本製品
のお世話になることも多いかと思われます。


【第5位】 スキャッターラップクランク(ラパラ)
投げて巻くだけで小魚が逃げ惑うアクションを再現できるスキャッターラップのク
ランクです。ラパラのルアーなので泳ぎに関しては世界最高水準。ただし、軽いた
め全然飛びません。近距離を釣る場合には大変役立つおもしろいルアーなのですが、
あまりにも飛ばないのも問題なわけでして、魚とのコンタクトが難しい分、釣果に
ルアーの完成度が比例しない悲しいルアーです。強めのスピニングタックルで使う
のが正解とのこと(アメリカのルアーマン談)。


【選外1】 アスカ(ジャッカル)
まっすぐ泳いでくるクランク。そんな当たり前のことすら忘れていた日本のクラン
ク界に、原理原則に立ち返ったルアーが戻ってきた。そんな感想を抱きます。泳が
せたいところをまっすぐ泳いでくる。立ち上がり(動き出し)のよさがウリのル
アーです。クランクというよりシャッドに近いですね。

【選外2】 モデルA(ボーマー)
(私のタックルボックスでは)ファットAにその座を奪われた世界一売れるクラン
ク。飛ばない、ボリュームがない、ラトルも静か。でも、すんごい釣れる!!かつ
ての霞ヶ浦で大立ち回りを演じた無敵のクランク。橋脚+マッディウォーター=モ
デルA!でした。今でも間違いなく最高の出来だと思うのですが、なぜか竿の先に
つけることがめっきり減った古豪です。ファットAのような堅実な動きのルアーが
欲しいけど、ラトルがジャラジャラうるさいのは嫌!という方にオススメです。
モデルAの基本は6Aですので、サイズに迷われたらこちらをどうぞ。春先のスポー
ニングから回復しはじめたバスを水深2mラインで無理なくソフトにアピールする
という使い方が一番おもしろいかもしれません。

【選外3】 ピーナッツ2(ダイワ)
ダイワの安くて釣れるシャロークランク。こちらもシャローAにその座を奪われて
しまいましたが、シャロークランクがまだまだ地位を確立できていなかった10年以
上前、藻や薄いカバーの周囲をガンガン引くという方法で魚の居場所を探る技を教
えてくれたのは本製品でした。シャローAではアピールが強すぎるという方はこち
らのピーナッツがオススメです。

【注目株】 レアリスクランクM65 11A(DUO)
クランクの敵であった風、これに負けないキャスティング性能が欲しい。軽いルアー
をしっかりキャストできている人は、ざっと見ていても10人に1人。特にクランクや
ミノーでは顕著で、上手く飛ばないから使わないという人が実に多い。その中でも一
番酷いのがスピナーベイトなんですが、やはりキャストして気持ちよくなければ使い
続けることはできません。使い続けられないということは、信頼できないということ。
こうなったら最後、釣果に結びつくわけがないのです。そんな飛ばないことを克服す
べく開発されたのが本製品。サイズは8Aと11Aがありますが、私はよりキャストが楽
しい11Aをオススメいたします。


【まとめ】
いかがでしたでしょうか。クランクは人気のルアーですから、様々なものがあります。
ここに挙げたもの以外にも、本当にいい製品がたくさんあるのですが、特定の状況で
大爆発するルアーより、いつなんどき使ってもいいオールラウンダールアー、原点に
据えることができるルアーを集めました。皆さんのルアー選びの参考になれば幸いで
す。



BOMBER シャローA B05FS #XC5

BOMBER シャローA B05FS #XC5
価格:480円(税込、送料別)