ルアーの付け方、結び方を知りたい。固結びで釣ってたけど、魚が掛かったらすっぽ
抜けちゃった!という方に送る、基礎講座。簡単でありながらトップクラスの結束強
度を誇る、「ダブルクリンチノット」を伝授いたします。
ルアーの付け方結び方
直接結んでいいルアーといけないルアーについては続きを読むからどうぞ。
 
このノット(結び)の欠点は、スナップやスプリットリングといった、ルアーを自由
に動かすための道具を介さないでルアーに直結させてしまうと、まともにルアーが動
かなくなってしまう場合があるという点です。特にクランクベイト、バイブレーショ
ン、ミノーなどはスナップを介して結ぶようにしましょう。また、ラバージグやスピ
ナーベイトは直結の方がいいですね。ときどき見かけるのですが、結び直すのが面倒
だからと、スピナーベイトにスナップを介してルアーを結んでいる方がおります。あ
れは絶対にやめましょう。キャスティング時にラインがブレードやワイヤーに絡むと
まるでルアーが動きませんし、そんな状態で運悪く魚が掛かると、ラインブレイクや
ルアーロスト(ワイヤー折れ)の原因になります。こちらは面倒でも直結がオススメ
です。