39

皆さんはルアーを買う際、何を基準にしていますか?基準なんてない?新作だから、
○○プロが使っているから?それではダメなんですね。誰が使っているとか、どこで
釣れたかというのは二の次。今回はルアーを選ぶ上で持っておきたい基準について
のお話です。

私はスピナーベイトが大好きです。1ozクラスのスピナーベイトを主軸とした釣りを
行っています。朝一、釣り場に出て即スピナーベイトということもしょっちゅうで、
これだけ持っていれば後のルアーはなくてもなんとかなるというくらい信頼してい
ます。釣りをする上で大切なのは、こういったコンフィデントルアーを持っておく
こと。自分の釣りの原点を定めておくことです。迷ったり、壁にぶち当たったら原
点。これが基本です。そして、この原点から順を追ってルアーを選ぶわけです。


では、原点を基準にして、何をもってルアーを選び買っていくかですが、端的に申
し上げれば「強さ」です。つまり、アピール力。あなたが一番使いこなせるルアー
を原点として、アピール力のあるものから、ないものまで順に買っていくのが基本
となります。


私の中でアピール力は以下の順となっていて、これは私のタックルボックスを構築
している根幹を成しています。

サイズ(水を押しのける力)>音(ラトル音等)>カラー

つまり、ド・チャートのミニクランクより、ビッグサイズのナチュラルカラースピ
ナーベイトの方がずっとアピール系ルアーということになります。アピール力を基
準にタックルボックスを構築していくと、超アピールルアーと並のアピールルアー
の間に「ちょっと強めのアピールルアー」が欲しいなと思う状況が出てくることが
あります。ルアーを買い足すのはそのときで十分なのです。


多くの方は、めくらめっぽうにルアーを買います。しかも何の基準もありませんか
ら、実績や自分の好みで買っていく。結果、実績情報に踊らされた場合はタックル
ボックスは統一感がない戦えないものになり、自分の好みだけで買った場合は同じ
ような選手だらけのタックルボックスになるわけです。いずれのチームも戦力とし
ては使い物になりません。いてもいなくてもいいルアー、替えが効くルアーなど、
タックルボックスにあってはならないのです。とっとと退団してもらいましょう。


きっとあなたのボックスにもいるはずです。出場機会のない選手が。買うだけ買っ
て、使ってないルアーがあるはずなんです。一度床に上記のアピール強度を基準に
並べていって、替えが効くなら追い出してしまいましょう。同じアピール強度であ
り、使うべき水深も同じとなれば、迷いが出るばかりです。ひとつのルアーを極め、
コンフィデントルアーにする意味でも退団願うのが得策です。


一度タックルボックスの総点検をしてみましょう。釣具屋に行ってから買う物を考
える、雑誌で眺めて考えるのでは自軍の弱点は見えません。弱点を補強するからこ
そ戦えるボックスになるのです。