ボーマーシャローA

バスが釣れない理由は2種類しかない。いなくて釣れないのか、いても釣れないのかだ。
多くの場合、「いなくて釣れない」のである。このいなくて釣れないという状況を、釣
り人は「いても釣れない」と勘違いして帰っていくから上手くならない。自分の釣りの
テクニックが悪くて釣れないと考えるなら見込みがあるが、ルアーが悪い、竿が悪いと
いった道具のせいにしだすとドツボである。「いないんだから仕方ないよ」などという
のもトンでもない話。運が悪かったで片付けていては、いつまで経っても上手くならな
いぞ!

今回はそんな釣れない君、釣れない病患者に送るコラムです。

魚がいないから釣れないのは、運が悪いのではなく、そんな場所を選んだ自分が悪いと
考えるようにしよう。それが魚を釣るための第一歩だ。バス(魚)を 釣りたければ、
道具やルアーアクションのせいにせず、ポイント選びのセンスのなさのせいだと考えよ
う「自分のせい」だと思えば、誰でも真剣に考えるようになる。


次に実績頼りや小手先だけの釣りはやめること。ここはこの色のワームをこうして、こ
うすれば釣れるんだ~などというローカルテクだけで釣りをしていると、フィールドの
状況が変わった場合になにもできないままボウズを食らうハメになる。自分で考えて、
その日一日の釣りを構築、判断できるようにしなければならない。これには知識や経験
が必要で、残念ながら近道はない。フィールドの状況が一変しても、自分の釣りや判断
基準がしっかりしていれば、その中からなにかしらの答えを導き出すことができる。そ
もそも、釣り場(ポイント)選びから判断は必要なのだから、ルアーを投げる前にでき
ていないといけないことなんだけど、残念ながら誰も教えてくれないし、自然が相手だ
から、あらゆる状況の判断をひとつひとつ教えることなんてできないのだ。


サーチルアーとワークルアーでも書いたけれど、その日一日の釣りを判断するための方
法を自分なりに決めておかなければならない。そして、必要以上に粘らないこと。よく
釣り場で見かけるのが1時間も2時間も同じ場所で同じ釣りをしている人。次の項目とも
関係するけど、いないところでやっていても仕方ない。そして、いたとしても同じこと
ばかりされたらさすがに魚も飽きてくる。そういう人に限って、一級ポイントで朝から
晩までライトリグを投げてたりするんだよね。


自分で魚のいる、いない、食う、食わないの判断ができないから、彼らは実績のある場
所で実績のあるルアーをただ投げる続けるしかないんだ。そんな釣りではいつまで経っ
ても釣れない君のままだぞ。



【魚がいるけど食わない】
魚がいても食わない状況に出くわすと手も足も出ない。食わないときは本当に食わない。
ライトリグに手を出してもどうにもならないのだから、その日は諦めた方がいい。しか
し、諦めるといってもあの手この手を尽くした上での話であって、何時間も小さなポイ
ントでネチネチとライトリグを投げて釣れないから諦めるのではいけない。 その場所に
はやる気のある魚がいないだけかもしれない。というわけで、やっぱり自分の足とサー
チルアーのお世話にならなくちゃいけない。 


いるけど食わないという人の多くは、シャローの見えバスを探して、いるけど食わない
んだよねーなんていってる。やる気のない魚は絶対に食わないのだ。お腹いっぱいで眠
くてたまらないのに、目の前で焼き肉パーティーをされても迷惑なだけだよね。バスも
人間と同じで、食べたくないときは食べないんだ。これは、コイやナマズも同じ。目の
前に大好物の練り餌を落としても、やる気のないヤツは一切食わない。池のコイなんて
エサを持っているだけで寄ってくるから、魚は簡単に釣れそうに思うけど、そう簡単で
もない。やる気のないヤツは追ってもダメ。見えバスやシャローのバスを追いかけ回し
て一日を終えるなら、その間に別のパターンを見つけた方がずっといい。魚を見かけた
場所で何時間も見えバスと格闘するくらいなら、ベイトフィッシュを探しながらフィー
ルドを移動した方が(経験的に)ずっといい思いができるぞ。特に3mより浅い場所での
釣りは粘っちゃいけない。よりよい場所を探すため、風や水質、ベイトといった要素を
見ながらドンドン移動しよう。


以上がバスが釣れない理由と、それに対する攻略法なんだけど、本当に実践できている
人はとても少ない。本やテレビで大きい魚を釣っている人を見ると、その人のマネをす
れば簡単に釣れるように思うかもしれない。でも、彼らはここまで書いてきたようなこ
とを考え、判断して、魚を釣っているわけ。同じ道具を使えば釣れるなんてことはない。
更に、釣れなければ本やテレビにはならないからね。「釣りに王道なし」なんだな。 
「王様」はいるらしいけどね。