日本の釣りはアメリカの釣りと異なり、なんでもできることを執拗に見下し、忌避し
ます。職人気質というか、専門の道具がもて囃され、なんでも屋は三流扱いを受ける。
高い専門の道具がよく、安い汎用の道具を使う人間は馬鹿にされるんですね。強めの
シーバスロッドでイカやバス、コイにネイティブトラウトもできるんですが、そんな
ことをしていたら、ジロジロ、ニヤニヤされるわけでしょう。本当に面倒な釣り文化
です。 

そんな文化が現れているものはリールにロッドと多種多様な分野に及ぶのですが、 今
回はナイロンを見下すよくわからない文化の話をしたいと思います。

 
スピニングは初心者、右巻きは初心者…なんとも面倒ですよね。バス以外でベイトを
キャスティングに使っている釣りなんてどれくらいあるんだと。左でスピニングを扱
わなければならない釣りって何なんだと。まあ、これは別の問題なので今回は掘り下
げませんが、こういう「カッコイイから」とかいうアホ基準で日本のバス釣りは組み
立てられておるのです。


フロロは感度がいい。それは事実。でも、ラインスラックがある釣りには使えないと
いうことは、以前お話しさせていただきました。 たるんでいると、まるでアタリを伝
えないのです。加えて、根ズレに弱い。沈める釣り、クランキングやスピナーベイト
で活躍するのですが、テキサスやキャロライナなどのワームの釣りでは使えません。
ラインが着底し、傷つくわアタリがとれないわで話にならないのです。皆さんがとっ
ていると思っているのは、ラインの根ズレの感触であって、魚のアタリではないので
す。


更に、フロロはナイロンより太くしなければ直線強度が出ません。つまり、ナイロン
ラインより比重的に重い上に太いわけで、飛距離が必要なルアーフィッシングにはま
るで向かない。フロロは飛ばないという事実を知らないままに、「カッコイイ」から
使う釣り人がなんと多いことか。日本のルアーマンは飛距離信奉者なのに、フロロ信
奉者という、もはや何教徒かもわからない状態なんです。


フロロがいいのはウキ釣りです。ヘラブナ辺りではベストチョイスでしょう。常にラ
インテンションがあり、遠投せず、餌をタナまで一気に落とし込める。そして繊細な
ヘラの食い上げ、吸い込みを感じ取れるんです。ヘラやコイをやるためにバスロッド
を担いでいるんだったら何もいいませんけどね、糸の材質による特性も理解せず、な
んかカッコイイからで選んでいる連中には「ヘラですか?」と聞いてあげてください。
ヘラはカッコワルい、ダサいと考えている連中には大ダメージでしょう。カッコイイ
かどうかでしか釣りを選べない人々ですからね。激高するかもしれませんが。


ナイロンは水を吸うからダメ?フロロは1日投げていたら白く変色するでしょう。毎
度交換しなければならないんだったら、ナイロンもフロロも同じですよ。更に更に、
ナイロンは水を吸うからこそできることがあるのです。水を吸う=薬品を吸うとい
うことです。つまり耐摩耗加工であるとか、劣化の指標になる着色がしやすいのです。
フロロがよく飛ぶなんてデマもあるようですが、リールの性能テストはナイロンで行
います。わざわざ不利なフロロで行う意味がありませんのでね。


ここまで長々と書いてまいりましたが、それでもあなたはフロロを使いますか?






ラインのよしあしは強度ともうひとつ。視認性です。私はピンクやチャートのラインを
よく使います。しかも、20~25ポンドクラスです。朝夕や曇天時のワームの釣りでは、
派手なカラーは必須と感じているのです。ラインにしか出ないアタリは、一日の間に何
度か通っているはずで、明確なアタリと比較すれば、ほぼフィフティフィフティ。巻物
を多用する私でもそうなのですから、ワームを多用する方ははるかに、でしょう。クリ
アのラインや黒のラインを使うのは、水中で魚に違和感を与えないためではなく、晴天
時はこちらの方がよく見えるから。食わず嫌いではなく、色々試されることをオススメ
します。

ちなみに私が愛用するラインは上の他に、エクスキャリバー、トライリーン、サフィッ
クスです。 いずれも国内では少々入手に難有りですが、数日の遠征釣行にはもってこい
のボビン単位での販売(1000m前後)もあり、割安&なかなかの性能です。国内の輸入
代行業者が販売しているものは、元値の3倍近くの値段ですので、参考にされませぬよ
う。