GLASS PIG

スイミングワームといえば、日本ではシャッドテールなどといって、3インチ、
4インチのワームを泳がせるのが常ですが、アメリカではこんなデーハーなカ
ラーの5インチ以上のワームを、1/4オンスのシンカー付きフックでもってブン
投げて、チンタラ引いてくるのが基本。もちろんノーシンカーでもOKですが、
日本のビッグベイト的な使い方をする場合が大変に多いのです。
 
このワームは「Berkley HAVOC GLASS PIG」と申しまして、バークレイ社が
満を持して(ブームに便乗して) 出した製品ですが、日本ではまるで見向きも
されておりません。YUMのMONEY MINNOW (マネーミノー)やリアクション
イノベーション社のスキニーディッパーあたりが有名ですが、日本人なら忘れ
てならないのが、エコギアです。海ワームではありません。私の釣りの中では
反則扱いですが、エコギアのパワーシャッド。こちらの5インチは非常によろし
い。アメリカのワームはちょっと…という方は、UVパールゴーストカラーのパ
ワーシャッド (5インチ)を使われることをオススメします。

狙い目は日中。ウィードの上やアシのそばをゆっくりと巻いてやると、魚のス
イッチを入れられる場合があります。また、これらのスイミングワームは、ス
ピナーベイトのトレーラーにも最適で、ブレードサイズが大きい特大スピナー
ベイトに、ド級のトレーラーを付け、合計2オンス近いボリュームでもって、
ディープにある立ち木のまわりをバンバン攻めれば、なにかしらの反応は得ら
れるはずです。

もっとも、釣れなかったからといって反応なしとするのではなく、今はこれで
はないという反応があったと認識しなければ、これだけ投げて一日潰しかねな
いので注意が必要なんですがね。パワーフィッシングの権化のような釣りにな
りますが、出ればモンスターサイズです。 出なければジギングスプーンなり、
シンキングミノーなりで小さく釣っていきましょう。スイミングワームで釣れ
ないからといって、即ライトな釣りに行く必要はありません。そこだけは注意
ですね。

最後に。スイミングワームは動きで食わせるルアーです。色については、視認
性で判断します。ひとつは視認性がよいもの。魚に見つけてもらえそうなもの
を選びます。もうひとつは、魚に見つけてもらったあとに見失いそうな色です。
目の前にいたのに見失った!という状況は、どうやら魚の本能を刺激するよう
で、一時期流行った食べるラー油的な「見えそうで見えないけどちょっとだけ
見えるカラー
」が釣果を釣れてくることが多いのです。クリアレイクだからナ
チュラルカラーですとか、マッチザベイトでワカサギ、アユを選ぶのは失敗の
元。ナチュラルカラーを選ぶなら、クリア系に限ります。見えそうで見えない
色と、どこからでも見えるチャートやドピンク、黒系統がオススメです。

写真はクリアチャートにシルバーフレークの入ったもので、アピールなのに
えそうで見えないけどちょっとだけ見える
要素も入っている二刀流カラーなん
ですよ。 

というわけで、国内で一番手に入りやすいということも考えまして、エコギア
さんのパワーシャッド4〜5インチのリンクを置かせていただきました。こちら
はシーバスはもちろん、3インチにジグヘッドでヒラメも釣れるそうで、バス
に限らず、このニオイを含んだワームは色んなシーンで活躍できる実績十分な
製品です。