39

『ルアーゲーム ~自分の力で魚を釣るということ~』の第2回目の連載です。
第3回は後日更新予定です。
ルアーゲームは人間の証を求める釣り

ルアーマンとは、釣れない道具で魚をいかにダマして釣るかを追求した釣りです。
エサ釣りでも魚をダマすわけですが、それをより追求し、攻撃的な攻めの釣りを
展開して、自身の思考力とテクニックで魚を捕る「頭脳戦」なのです。そこにル
アーでは味わえないコクがあり、やりがいがあるわけです。エサを付けて投げれ
ば、どこの誰でも釣れるわけですから、技術や知識、経験によって力量差が出る
釣りをしたいとなったわけですね。つまりそれは、釣果度外視のはじまりでもあ
るわけです。エサ釣りマンには確実に負けるわけですからね。

ここもルアーを投げているだけの人と根本的にちがう部分でしょう。エサは簡単
に釣れるからズルいという発想は、自分で考えて釣ることのおもしろさを理解し
きれていないからこそ出てくるものです。ルアーで釣らないと価値がない。自分
で考えたからこそおもしろい。それらを追求しすぎたために、自分の予期せぬ魚
がかかった日には「なんでお前釣れちゃったんだよ」と思ってしまう。私なんて
魚がいる条件が整っていない状況で、えさ場からえさ場に移動中の魚がラッキー
で掛かったりすると、機嫌が悪くなりますからね。自分で考えて釣りたいんです
よ。まあ、ここまでやれとはいいませんが、自分で考え、パターンやシステム、
経験を積み上げていって、ひとつの方程式を完成させる過程を楽しむのがゲーム
フィッシュなわけです。その思考のゲームにおもしろさを見出してしまったのが、
ゲームフィッシュのルアーマンなんですね。食べもできない魚を釣るわけですか
ら、釣果なんて気にすることがそもそもおかしいという方もおられるほどです。

日本のルアーフィッシングシーンは、釣果とルアーという相反する釣りの本質を
理解せず、どっちつかずのまま惰性で釣っている人が多いため、いつまで経って
も若い人の遊び、一過性のブームのままなのではないかと思います。



『ルアーゲーム ~自分の力で魚を釣るということ~』  
【第1回】ルアーマンとルアーを投げているだけの人のちがい
【第2回】ルアーゲームは人間の証を求める釣り
【第3回】トーナメンターへの誤解 (5月下旬公開予定)