39


『ルアーゲーム ~自分の力で魚を釣るということ~』の第3回目の連載です。
過去の連載はこちらからどうぞ。・第1回 ・第2回 
トーナメンターへの誤解

本来トーナメントとは、ルアーマンの頂点を決めるための試合であって、ルアー
を投げているだけの人の頂点を決める試合ではありません。ルアーマンとは、エ
サ釣りではできない釣りを極めようという思考のゲームをする人たちのことです。
トーナメンターにとって釣果とは、己の頭脳とテクニックを示すもので、将棋指
しの棋譜、野球選手の打率に同じです。特にアメリカのような広大な湖での戦い
となれば、熾烈を極めます。超大物が釣れる可能性が日本の小規模水系より高く、
同時に魚の数も多いため、大きい魚を効率的にとっていく方法を知らなければ、
小さい魚から順に釣れてしまい、トーナメントで勝つことができません。運よく
大きい魚が釣れるのを待っていては、プロとして食べていくことはできませんか
ら、彼らはよりシビアに考え、よりストイックな釣りをしていくわけです。しか
し、常に湖の状況がよく、いい釣りができるとは限りません。そんなときは、ソ
フトベイトによる釣りがはじまるわけです。小さい魚でもいい、とにかく捕りた
い場合専用の釣りです。ただ、日本ではどんなときでも「とにかく捕りたい釣り」
をするのが主流となり、せっかく大きい魚が捕れるときに小さい魚を数本釣って
納竿という例が多いのです。大きい魚を頻繁に釣っている人と一緒に釣りをして
みればわかります。根本的にちがう部分が見えてくるはずです。もちろん、ハー
ドベイトで、ですよ。味やニオイのついたソフトベイトは、誰が投げたって同じ
ように釣れるエサ釣りに極めて近いわけですからね。ルアーでしかできない釣り
の本当のおもしろさを知りたければ、中途半端はやめることです。釣果を優先し
たければ、エサを投げてください。どっちつかずの釣りをしていては、釣りとい
う最高の遊びの味はわからないままですし、上手くなることもありません。当然、
思考のゲームも人間の証も得られません。



『ルアーゲーム ~自分の力で魚を釣るということ~』 
【第1回】ルアーマンとルアーを投げているだけの人のちがい
【第2回】ルアーゲームは人間の証を求める釣り 
【第3回】トーナメンターへの誤解