03

トップウォーターの中でも一、二を争う使い勝手のよさと、
アピールしか考えていないと思われるルアーデザイン。
それが一般的なバズベイトですが、そのせいか世間ではあまり使われないようです。
使っていても、小さなバズベイトばかりで、デッカいヤツは敬遠され気味。
ルアーはエサではありませんから、エサに似ていないといけないという固定概念が
まだまだ日本には根強く残っているようです。ビッグベイト、スイムベイトでの釣りが
流行ってきたと聞いて、デカいルアー、アピールルアーの価値が認められるようになったか!
と喜んだものですが、よくよく聞いてみると、大きくても魚そっくりじゃないと売れないそうで。


エサなら飽きるほど釣れるのに、ルアーではてんでダメ。そんなことはしょっちゅう
です。どんなにすごいルアーを投げても、エサ釣り小学生には勝てません。プロが懸
命にジャーキングをしても同じ。ルアーはエサではありません。小賢しいテクニック
で魚はダマせないんです。

しかし、エサが不調なのにルアーで釣れる場合があります。それが水質が著しく悪く
なったとき。または天候が極めてよく魚がキャストをしなければ釣れない水域にいる
ときです。一般に一時的に泥にごりが入った川や池。普段は澄んでいるのに、その日
だけダメとなると、エサでは非効率的なことがあります。

水が悪くなると、水のいいところに魚が集まります。しかし、同じ場所に何匹も魚が
入るわけにはいきませんから、結果としていい場所にはデカい魚が入り、そのスポッ
トを陣取ってしまうわけですね。急な濁りは魚の活性を下げ、魚を圧縮します。水質
のいいポイントにいる魚はやる気はあっても頭がよく、水質の悪いポイントにいる魚
はやる気がなくてそもそも釣れない。そんなときにもバズベイトは有効です。明らか
にエサではないなにかがちょっかいを出してくる。これに怒りを覚える魚というもの
が一定数います。大多数の魚は嫌がって逃げていくのですが、ごく一部に短気な輩が
おり「俺様のテリトリーに入ってくんな」とやってしまう。この食性以外の部分で釣
る釣りというものがルアーにできてエサにできないことなのですが、そもそもルアー
以外使ったことのない、エサ釣りを知らない人間にはそれがわからない。

ルアーの強みはケンカがうれること。実際にやかましい系のルアーは大きい魚が釣れ
るんです。これは、小さい魚はびっくりして逃げるからでもありますが、選んで釣る、
狙ってとる釣りをするのであれば、バズベイトは外せないでしょう。

カラーはチャート系(ライムチャート)を基本にホワイト、そしてブラック。サイズ
はチャートは特に1/2ozとケンカ専用に大きなものを。ホワイトはどの釣り場でも活躍
できるので、1/2ozと3/8ozをいくつか、スピナーベイトでもそうですがブラックは秘
密兵器。周りがまったく釣れていないのにこれだけ爆発する時間帯があるので3/8ozを
1つは用意したいですね。ブレードは金属とプラがありますが、基本は金属で、なるべ
くけたたましい音のするものを選んでください。食性で食わせるルアーではありません
から、中途半端にナチュラルを求めると、どっちつかずになって撃沈しかねません。

「ランカーを食性以外で釣る」これを念頭に選んでいただければと思います。



BOOYAH BUZZ ブーヤ バズ 3/8oz

BOOYAH BUZZ ブーヤ バズ 3/8oz
価格:609円(税込、送料別)