フィッシングウェル

バス釣りをはじめ、ゲームフィッシングを愛する方へ送るブログ- FishingWell

2014年01月

ワールドシャウラ1833RS-2
赤いワールドシャウラ1833RS-2ですが、思ったほどレビューがないようですので、取り上げておこうと思います。1833はRSというだけあって、レギュラーテーパーでありながらスロー気味になっております。この結果、キビキビとしたアクションをつけるのに最適な一般的ルアーロッドではなく、トラウト、特にネイティブの大型マス族を狙うのに適した竿に仕上がっています。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

coatac馨 jewelry
Coatacといえば、創業から50年以上とも聞いている、日本トラウトルアー界の最古参といっていいのではなかろうか。毛針(フライなんて洒落た名前じゃなかった)の時代から脈々と受け継がれる、ヨソとは違う製品で異彩を放っていた会社だが、一昨年、既に事業の撤退を決めていたそうだ。急にこんな話題をしだしたのは、潮来釣具センターの福袋にこの「馨(かおる)」が入っていたため。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ゲーリーヤマモト4インチグラブ
こんなご質問をいただきましたので、ご回答ついでに記事にさせていただくことにします。
今度ブラックバスを釣ることになったのですが、ワームの色がたくさんあってどれを選べばいいのかわかりません。使い分けが大切だというのですが、どのように使い分ければいいのでしょうか。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

バス釣りスナップ
ラインを結ぶ際、私は原則としてスナップを使います。スナップは各社から出ておりますが、なるべく太めのワイヤーを採用したものがいいでしょう。ではなぜ、スナップを使うのかですが、単にルアーの交換が容易というものぐさな理由からではないのです。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

冬クランクベイト
冬にクランクベイトで魚を手にしたい。そんな方に送る、「釣れるクランクベイト」特別編。冬のバスから春先までのバスをクランクで釣るために必要な考え方とルアーを簡潔にまとめておきましたので、ご参考までに。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

チャギンスプーク
チャギングスプークとしていますが、チャグンスプークなんでしょうかね。チャギンスプークなんていう方もいますが、バドンカドンクをバドンク・ア・ドンクと読むのに近い感じですか。英語は弱いのでどいうにもこうにも。

さて、今回ご紹介するのは、フィッシュイーターの捕食音も、逃げ惑う小魚のスプラッシュも自在のペンシルポッパー(スプラッシャー?)、チャギンスプークです。画像はジュニアのものですね。ソルト対応のものと、フレッシュ専用のものがありますが、耐久面からソルトフックのものを買っています。ブロンズフックのフレッシュウォータータイプに不満があるわけではありませんが、私はソルトもやりますのでね。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ミノーでライギョ
フォールターンオーバーとはどういうものかを語る前に、少し述べておきたいことがあります。日本の釣り雑誌の程度の低さについてです。あそこで連載を持っている人間の多くが、残念ながら私より釣り歴の浅い人間ばかりになりました。結果としてフォールターンオーバーの話などでもそうなのですが、どこかの誰かに話半分で聞いただけの情報でものを書くようになってしまっているのです。ターンオーバーは春先にも起こる!ですとか、気温が4度違えば起こる、水温が4度下がれば起こるなどという、およそまともな理科教育を受けていないであろう人間が、皆さんの釣りを支配しようとしている。このことが大変に遺憾であり、イカンと思うわけです。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コットンコーデルスーパースポット
ラトルの問答の際にも書きましたが、コットンコーデルスーパースポットは、ラトルの生みの親、バスはラトルで釣るという歴史的な革新をもたらしたリップレスクランクです。また、ラインアイが頭部前面にあり、その頭部に水を受けて潜航、振動することで、現在のすべてのリップレスクランクの開祖といっていいルアーです。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ロングA15A(ボーマーlong A)
ボーマーといえば、キングオブクランクと呼ぶべきモデルAと双璧をなすルアーとして、ロングAがあります。ロングAはバス用としておもしろい、トリッキーなジャークベイトとしての14A、シーバス用でバス用としてはオーバーサイズの16A、アカメ狙いの最終兵器として知られるマグナム17Aがある。いずれもバスにも使うことができるが、バスに効くということは、あらゆるフィッシュイーターの食性を刺激するということだ。この15Aは14Aに比べればトリッキーな動きは出し辛い。しかし、水を押す力は圧倒的にこちらが上となる。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

13カルカッタ400ライン
キャスティングの基本は何か。こう聞けば多様な方法論が語られます。では、基本のキャストは何かと聞けばどうでしょう。わかっている方は、オーバーヘッドキャストだと答えるはずです。しかしこれは、キャストの基本がオーバーヘッドであることを知っているだけに過ぎません。なぜオーバーヘッドキャストが基本なのかを語ってくれといえば、ハトが豆鉄砲を食らったような顔をされるのが常なのです。基本が何か知っていることと、理解し、できていることは違います。今回はキャストの基本について掘り下げていきたいと思います。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ナイロンライン・フロロラインの号数、ポンド(強度)、太さ換算表


号数
(号)
1号1.5号
2号
2.5号
3号
4号
5号
6号
8号
ポンド
(lb)
4lb6lb8lb
10lb
12lb
16lb
20lb
24lb
32lb
キロ換算
(kg)
1.8kg2.7kg
3.6kg
4.5kg
5.4kg7.2kg
9.0kg
10.8kg
14.2kg
太さ
(mm)
0.165
0.205
0.2350.2600.2850.3300.3700.4050.470
※すべての数字はおよそとなります。また、ナイロンラインは吸湿、給水によって膨張します


(参考)アメリカンライン・号数、ポンド(強度)、太さ換算表


表記ポンド
(lb)
4lb6lb8lb
10lb
12lb
15lb
20lb
25lb
30lb
日本での
ポンド数
6lb8lb
12lb
16lb
18lb24lb
30lb
36lb
45lb
太さ
(mm)
0.205
0.235
0.2850.3000.3500.4000.4500.5000.550
※日本のラインはその負荷がかかるまでに切れるように設計され、アメリカのラインはその負荷に耐えるように設計されているため、若干太く(強く)なります【詳しくはこちら】※※すべての数字はおおよそのものです。日本同様の基準でつくられた糸もあるため、製品ごとに大きく異なります


PEラインの号数、ポンド(強度)の換算について


PEラインは会社ごとに太さがまるで違います。1号10ポンドの強さと決まっていますが、製法によって太さが異なるため、換算表は使えません。ライン径を確認の上、上記のナイロン・フロロのライン径と比較した後、リールにどの程度巻けるかを考える必要があります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

冬のバイブレーション(リップレスクランク)
真冬に威力を発揮するルアーとして知られるバイブレーション(リップレスクランク)とブレードルアー。今回は厳冬期にこれらのルアーが強い理由を簡単に解説させていただきたいと思います。画像は懐かしのテクノソニックのほか、BLAZEのリップレスクランク(製品名失念)、コットンコーデルのスーパースポット、国内スピンテールジグの代名詞スピンソニックです。ご覧の通り、金属光沢をまとったルアーばかりです。冬はコレがミソなのです。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr