フィッシングウェル

バス釣りをはじめ、ゲームフィッシングを愛する方へ送るブログ- FishingWell

2013年12月

釣れるクランクベイト理論

 連載企画のおすすめ!釣れるクランクベイトのまとめ記事です。以下よりお進みください。

釣れるクランクベイト2釣れるクランクベイト7釣れるクランクベイト6
釣れるクランクベイト5釣れるクランクベイト3釣れるクランクベイト1
サイレントクランクのススメクランキングロッドの選び方クランクベイトランキング

 おすすめ!釣れるクランクベイトコラム特別編は続きを読むから。
 携帯等で画像の表示がない、表示が小さいという方も続きを読むからどうぞ。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

マスキージッターバグ
ジッターバグの親玉、XLジッターバグ様の登場だ!かつてはマスキージッターバグという名前で販売されていたもので、そのボリュームは一般的なジタバグ2つ分。フックは左右に2つとテールに2つ。これだけの足かせをされてなお、その動きは失わない。怪物専用怪物といったところだ。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ウインドチーター
ウインドチーターは、ルアーゲームで大敵(釣果面ではありがたいが)の風をものともしない飛距離重視のミノーです。元々はレーベル社のソルトミノーとして開発されたもので、私の知る範囲では現在はボーマー社のソルト部門から2サイズで展開されております。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

NEWカルカッタ400
戦うフィッシャーマンのための13NEWカルカッタ400。質実剛健を地で行くこのリールは、国内のフレッシュウォーターならライギョ、ソウギョなどの大型種、ソルトウォーターであればヒラスズキ、アカメ、オオニベ、ショアブリ等と渡り合う、怪物基準のベイトリールに仕上がっております。ヤワな相手に主導権を握らせない、圧倒的ウインチ力とドラグ性能がパワーゲーマーの必需品といえるでしょう。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

どうして日本のルアーは高いのか
私はかれこれ20年あまりボーマーのモデルAを巻いておりますが、これは大体の店で900円程度のルアーです。ザラも1000円程度、ジッターバグも1000円前後です。ただ、アメリカのルアーショップに行けば、モデルAは5ドル、ザラは6〜7ドル、ジッターバグは5ドルと非常に安価です。輸入品ですから、国内で仕入れて売るのに色々と費用が上乗せされるのは当然ですが、では、輸入品でもなく、国産ハンドメイドでもないはずの日本のルアーがなぜ1200〜1500円もするのでしょうか。今回は「ルアーの価格」について20年来のルアーマンである私が説教を交えて昔話をいたします。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ボーマーシャローA
小さい魚や食べない魚を釣り上げてしまった際に問題になるリリース。魚へのダメージ
を最小限にするにはどうすべきか。今回はここに焦点を当てたいと思います。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ラトルorノンラトル
ラトルの必要性についての問答後編です。前編はこちらからお読みいただけます。ラトル
があると釣れない?ラトルが信じられないという方にぜひお読みいただきたいエントリー
です。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ラトルorノンラトル
ラトル入りルアーというのは、実のところバスのようなサンフィッシュ科の魚中心のルアー
ゲームでのみ見られる(例外はたくさんあります)特有のものだったりします。バスはラト
ルで釣るというのは実績と経験で示されており、オカルトではなく科学に準ずる存在だとい
えます。というわけで、今回はラトルについての話題をまとめておこうと思います。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

38
ルアーフィッシングをする人間にとって、切っても切れないものがキャスティング。しかし、
この基本にして絶対のものをないがしろにしたまま、ルアーローテーションやポイント選び
に進む人は大変に多いのが現状です。人生で一度たりともキャスティングの練習をしたこと
がないという人が大半だと思います。釣り場に行き、キャストする中で覚えるといいますが、
通常それは不可能に近い。水のない公園や河川敷で空き缶や描いた円に向けて何度もキャス
トして、基本のフォームを固めてから投げないことには上手くはならないのです。考えてみ
ればわかることですが、プロ野球選手だからといって、素振りやキャッチボールをしない人
はいません。プロゴルファーもツアーの前にパターやティーアップの練習をしています。世
界有数の選手ですら行うことなのに、なぜあなたは練習しないのですか?と問いたいくらい
です。アメリカのバスプロもまた、プラクティスの中でポイントへのキャストやアプローチ
を練習する人がいると聞きますから、ルアーマンには不要なんてことはないわけです。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

FishingWell オリジナルパーカー

FishingWellのオリジナルウェアが登場です!12月下旬到着予定。今回はこの限定ウェアを!

なんと! 皆さんに!


販売しませんし、プレゼントもいたしません。完全に私のためだけのフィッシングウェアで
す。スイマセン。一着8000円もしますので、いちフィッシャーマンの私にはおいそれとそう
いうわけにもいかぬのです。

デザインですが、胸には私の釣り上げた60overの数だけ星が並びます。今後更新されれば、
その都度最新ウェアをデザインしていく予定です。中学生にも笑われるような英作文能力し
かないため、胸にも背中にも自信のない英文が入っております。間違ってたらバッカでー!
といわれること請け合いですね。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr